【音声解説 #5】 藤原直哉と昭和天皇実録を読む|昭和20年2月11日〜14日

本日より第5回:昭和20年2月11日〜14日分のお届けを始めました。 

今回は、いよいよ近衛上奏文(元内閣総理大臣公爵近衛文麿)も出てまいります。 

昭和天皇実録第33巻(上)、近衛上奏文の内容を読み解きながら、当時の国内外の状況や思想を今回も藤原直哉が細部まで音声解説します。  (31:32 mp3版|300円購入後ダウンロード可)  

国の一番大変な時、実際に真ん中で何が起きていたのか、 軍のルートで入ってくる情報と、信頼できる部下を直接現地に送り集めた情報を合わせて天皇陛下がご判断されていた当時の状況を昭和天皇実録は語ってくれています。 

5年後、10年後、50年後、100年ごと未来を考えて行動する上で、昭和という時代がどのように動いてきたのか、当時の人たちが、どのように向き合ってきたのかを日々受けとめながら、感じながら、この1年間を過ごしてみませんか。

携帯キャリア決済が可能なnoteでの販売

*noteでの購入方法詳細は、こちらの記事をご覧ください。


Dropboxへ直接ダウンロードが可能なDLmarketでの販売


↑上記をクリックしていただきますと、下記のような専用ページが表示されます。

*DLmarketとDropboxでの自動連携機能については、 こちらの記事をご覧ください。


昭和20年2月11日|日曜日

#紀元節祭 #賢所仮殿木階下に出御 #御告文中に辞別を加えられる #警戒警報発令 

昭和20年2月12日|月曜日

#第5航空艦隊司令長官宇垣纏 #侍従武官今井秋次郎 #御差遣につき御沙汰を下される  

昭和20年2月13日|火曜日

#後朱雀天皇900年式年祭 

昭和20年2月14日|水曜日

#元内閣総理大臣公爵近衛文麿(近衛上奏文) #元駐英大使吉田茂と協議の上完成した上奏文 #最悪ナル事態 #英米ノ輿論ハ今日迄ノ所未ダ国体ノ変更ト迄ハ進ミ居ラズ #共産革命ナリ #二段革命戦術 #コミンテルン解散 #ユーゴーノチトー政権 #波蘭(ポーランド)愛国者聯盟 #羅馬尼(ルーマニア)勃牙利(ブルガリア)芬蘭(フィンランド)二対スル休戦条件 #ヒットラー支持団体ノ解散ヲ要求 #イラン二対シテハ石油権利ノ要求 #端西ガソ聯トノ国交開始ヲ提議 #米英占領下ノフランス、ベルギー、オランダ #自由独逸委員会 #表面ハ内政不感症ノ立場 #延安 #日本解放聯盟組織 #日本ノ内政ニモ干渉シ来レル危険十分アリ #共産党公認 #共産主義者入閣 #ドゴール政府 #パドリオ政府 #治安維持法及防共協定ノ廃止 #軍内部一味ノ革新運動 #新官僚ノ運動 #左翼分子ノ暗躍 #国体ト共産主義ノ両立論 #軍部内一味ノ意識的計画 #事変ノ目的ハ国内革新二アリ #右翼ハ国体ノ衣ヲ着ケタル共産主義ナリ #無智単純ナル軍人 #国内ノ相剋摩擦ヲ避ケンガ為 #背後二潜メル意図 #一億玉砕ヲ叫ブノ声 #徹底的英米撃滅ヲ唄フル #新ソ空気ハ次第二濃厚 #延安トノ提携 #最悪ノ事態必須ノ前提戦局 #国体維持 #戦争終結二対スル最大ノ障害 #右翼左翼ノ民間有志 #一味ノ一掃ガ肝要ナリ #軍部ヲ利用シテ野望ヲ達セントスル者 #国体護持をめぐる軍部の観測 #陸軍大将阿南惟幾 #山下奉文 #粛軍の断行 #戦果を挙げなければ粛軍の実現は困難 #参謀総長梅津美治郎 #航空戦力の現況 


◎昭和天皇実録とは◎ 

昭和天皇の生涯にわたる記録を公式にまとめたものです。どういう風に昭和という時代が動いていったのか、私たちが未来を考えていく上で第1級の資料です。

昭和20年は、8月15日を境に、ものすごく世の中が変わった劇的な年です。その昭和20年(昭和天皇44歳)を何回かに分けて、読んでまいりましょう。


歴史の力、時間の重力でどのように働き、 世の中がどのように動いているのか、一緒に学びましょう!