【音声解説 #6】 藤原直哉と昭和天皇実録を読む|昭和20年2月15日〜20日

本日より第6回:昭和20年2月15日~20日分をお届けします。

上奏を受けられている中、たびたび繰り返される空襲警報、民間の船にも莫大なる被害を受けた太平洋戦争の状況が語られています。 

元内閣総理大臣男爵若槻礼次郎の上奏では、政府・陸・海軍の戦局の見通しの違い、未来のことを考えて腹をくくり、しっかりとした見通し、最後のチームワークが必要になることが語られています。

元内大臣伯爵牧野伸顕対談形式にて奏上では、 大所高所から世界の大勢を語っています。 

今回も藤原直哉が1日、1日、国の一番大変な時に、実際に真ん中で何が起きていたのかを下記のキーワードと合わせて、丁寧に読み解き音声解説している サウンドノート(mp3版:ダウンロード可)をお届けします。 (31:39 mp3版|300円購入後ダウンロード可)

ダウンロード購入してくださる皆さま、 ページをシェアしてくださる皆さま、ありがとうございます! 


携帯キャリア決済が可能なnoteでの販売

*noteでの購入方法詳細は、こちらの記事をご覧ください。


Dropboxへ直接ダウンロードが可能なDLmarketでの販売


昭和20年2月15日|木曜日

#内閣総理大臣小磯国昭の奏上 #内大臣木戸幸一 #警戒警報発令 #侍従武官清家武夫より空襲状況につき上聞 #海軍大臣米内光政  

昭和20年2月16日|金曜日

#警戒警報発令、空襲警報発令 #御文庫地下室に御動座 #参謀総長梅津美治郎、戦況の奏上 #外務大臣重光葵 #ドイツの情勢 #ヤルタ会談 #対ソ問題 #帝国今日の危局、今後の対策につき内泰 #防空状況 

昭和20年2月17日|土曜日

#警戒警報発令、空襲警報発令 #軍令部総長及川古志郎  

昭和20年2月19日|月曜日

#元内閣総理大臣男爵若槻礼次郎 #物資ノ国内貯蔵二関シ懸念シ #船舶ノ被害増加ト共二交通運輸ノ不便 #制海権 #制空権 #勝敗ナシノ状態 #平和回復ノ機会 #バチカン #マドリード #交通路絶エ人ヲ派遣スルノ途ナシ #時機到ラズ #我本土防衛ハ絶対必要 #国家ノ将来二想ヲ #成行二委セルコトハ許サルベキ二アラズ #判断ヲ誤ラザルコト政府、軍部ノ大責任 #成案の有無につき御下問 #元内大臣伯爵牧野伸顕  #対談形式にて奏上 #クリミヤ会談 #共産主義国ノ本家ソビエト領内 #スターリンノ膝元ナルクリミヤ迄出カケタル思ヒ切ッタ行動 #ワルシャワノ次ノ大都会レムベルグヲ含ム地域ヲ蘇聯ノ主張二譲歩セリ #独逸ノ屈服 #デモクラシーナル文字数多ク #太平洋調査会 #大東亜処理二関スル方針 #御都合主義 #日英同米条約ヲ破棄セヌ限リ #流言蜚語ノトリ締リハ必要 #行政ノ簡素手続ノ簡易モ必要 #ソ聯邦及び延安政権 #日比谷銀座方面含む帝都各地の空襲  

昭和20年2月20日|火曜日

#各地行政協議会会長 #地方事情につき奏上 #陸軍中将飯沼守第96師団長 #陸軍中将佐久間為人第84師団長 #米軍爆撃機B29の破片 #海軍大臣米内光政 #故元侍従武官長陸軍大将男爵内山小二郎葬送


5年後、10年後、50年後、100年ごと未来を考えて行動する上で、昭和という時代がどのように動いてきたのか、当時の人たちが、どのように向き合ってきたのかを日々受けとめながら、感じながら、この1年間を過ごしてみませんか。  

◎昭和天皇実録とは◎ 

 昭和天皇の生涯にわたる記録を公式にまとめたものです。どういう風に昭和という時代が動いていったのか、私たちが未来を考えていく上で第1級の資料です。 昭和20年は、8月15日を境に、ものすごく世の中が変わった劇的な年です。その昭和20年(昭和天皇44歳)を何回かに分けて、読んでまいりましょう。