【音声解説 #29】 藤原直哉と昭和天皇実録を読む|昭和20年10月12日〜10月22日

本日より第29回|昭和20年(1945年)10月12日~10月22日分をお届けします。

聯合国最高司令官マッカーサーより、憲法の自由主義化を含む日本社会組織の改革につき要求 ・太平洋米軍司令部渉外局より五大改革指令として発表 ・戦時体制の終わり ・終戦後のハイパーインフレ、財政の根本整理再建が本格化と続く昭和20年10月中旬です。

あの歴史があったからこそ、今がある!未来がある!」一人ではなかなか読み進めることが難しい『昭和天皇実録』、 藤原直哉の解説を聴きながら、歴史観への理解が深まってまいります! 


実際に真ん中で何が起きていたのか、昭和天皇実録巻34昭和20年(下)について、下記のキーワードと合わせて、当時何が起こり、今の私たちに、そして未来へと結びついてくるのか、 歴史の力、時間の重力がどのように働き、世の中がどのように動いているのか、藤原直哉が細部まで丁寧に読み解き、歴史観も含めて音声解説(28:42 mp3版|ダウンロード可)いたします。 


携帯キャリア決済が可能なnoteからお買い求めいただけます  

お手持ちのスマートフォンやタブレットからご購入いただけます。お支払いは、毎月の携帯電話お支払い(Docomo, au, Softbank)決済がご利用いただけます。

*noteでの購入方法詳細は、こちらの記事をご覧ください。

Dropboxへ直接ダウンロードが可能なDLmarketからお買い求めいただけます


昭和20年10月12日|金曜日

・神宮神嘗祭に勅使 ・儀仗兵廃止 ・内大臣木戸幸一 

・宮内大臣石渡荘太郎 ・神宮御参拝のための行幸につき協議 

・内閣総理大臣弊原喜重郎 ・一般政務につき奏上 

・聯合国最高司令官マッカーサーと会談 

・憲法の自由主義化を含む日本社会組織の改革 

・太平洋米軍司令部渉外局より五大改革指令として発表  

・国民ノ住宅食料衣料ノ問題二関シ 

・総テノ人々ヲ有効ナル仕事二就業セシムルノ他ナシ 

 昭和20年10月13日|土曜日

・軍令部総長豊田副武 ・在外部隊の内地還送状況 

・内地の海軍部隊 ・解隊 ・軍令部の廃止 

・参謀総長梅津美治郎 ・参謀本部の閉鎖 

・参謀本部軍令部 ・翌10月15日を以て廃止 

・農林大臣松村謙三 ・現下の食糧事情につき奏上 

・暴風雨被害による食糧生産の影響 

・衣類用蚕糸の生産状況 ・戦後の山林対策 

・国民の衣食住の問題を重視 ・特に食糧問題 

昭和20年10月15日|月曜日

・内大臣木戸幸一 ・内大臣府御用掛佐々木惣一 

・憲法改正につき打ち合わせ ・内大臣府御用掛近衛文麿 

・宮内大臣石渡荘太郎 ・宣仁親王と御会食 

・前内閣総理大臣稔彦王以下の旧閣僚ほか総勢17名に御陪食 

昭和20年10月16日|火曜日 

・内大臣木戸幸一 ・宮内大臣石渡荘太郎 ・諸般の情勢を勘案

・12月初旬開会予定の帝国議会前 ・内大臣を辞職すべき 

・内大臣府を廃止すべき ・内閣更迭の際 

・枢密院議長並びに貴衆両院議長 ・後継内閣首班の選定 

・御下問の慣行を作るべきことを表明 ・崇仁親王と御会食 

・内閣総理大臣弊原喜重郎以下の各閣僚ほか総勢22名に御陪食 

・首相と御会話 ・大正10年御訪欧 

・当時米国訪問が叶えば多少なりとも同国の事情を理解でき 

・御訪欧中最も特に印象深い国としてフランス 

・宮城における陸稲生産 ・葉山御用邸における製塩 

・在日朝鮮人朴烈の釈放運動 ・最近のラジオ放送の相当な過激さ 

・都民の食糧増産に資するため ・新宿御苑内の農耕適地約8万坪 

・東京都が耕作用地として使用すること 

昭和20年10月17日|水曜日

・神嘗祭 ・神嘉殿 ・神宮を御遙拝 ・賢所において御拝礼

・宮内大臣官房主管加藤進以下 ・聯合国最高司令部経済科学部の求め 

・宮内省の一般的組織機構及び皇室財産等に関する質問に回答 ・恩赦 

昭和20年10月18日|木曜日

・陸軍大臣下村定 ・陸軍中将本間雅晴の礼遇停止につき内奏 

・在外部隊の状況につき奏上 ・大蔵大臣渋沢敬三 

・終戦後における我が国の財政の見通しにつき奏上 

・破局的段階にある我が国の財政の根本整理再建 

・喫緊の要務 

昭和20年10月20日|土曜日

・昭和21年歌会始の御題 ・松上雪 ・生物学御研究所  

昭和20年10月22日|月曜日 

・海軍大臣米内光政 ・本日より毎日午前10時と午後1時半を定時 

・内廷庁舎に出御することを定められる


◎昭和天皇実録とは◎ 

昭和天皇の生涯にわたる記録を公式にまとめたものです。 どういう風に昭和という時代が動いていったのか、 私たちが未来を考えていく上で第1級の資料です。 

昭和20年(昭和天皇44歳)は、8月15日を境に、ものすごく世の中が変わった劇的な年です。 

◎自分の言葉で昭和の時代と平和、未来について次世代へ語り継いでみませんか。 

昭和という時代がどのような世の中であったのでしょうか。 昭和天皇のお姿、どのような方でいらしたのでしょうか。 当時の人たちが、日々どのように向き合ってきたのでしょうか。 少しでも自分の言葉で、次世代へ語りついでいけたら、一つ一つの生と死を大切にする世の中へ進めるのではないでしょうか。 

◎藤原直哉と昭和天皇実録を読む・サウンドノート昭和20年1月~10月分 


◎音声ダウンロードファイルのお取り扱い◎ 

弊所の許諾なく無断で改変・複製・公衆送信・転載・販売等することは、 営利目的、非営利目的問わずご遠慮ください。 


お問い合わせ先|有限会社藤原情報教育研究所 hello.the.lce[at]gmail.com まで。 


一人ひとりがよりすばらしい人生を送っていただけるように、教育事業を通して、さまざまな働きかけをしてまいります。 

有料会員制コミュニティサロン「藤原直哉の御用達シェアサロン せんせい、あのね」活動中です!